やる気を出すたった1つの方法

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
やる気を出す方法について、今日は書いていきます。
 
やる気を出すたった一つの方法は、「無理やり少しだけやってみる」です。
 
私の経験でも、あなたの経験でもあてはまると思うのですが、
腰が重たい作業、なんか気がすすまないこと、やる気がでないことって
あると思います。
 
そんなときに「無理やり少しだけやってみる」を実践してみてください。
 
これを知ってるか知らないかで、やる気がでなくても出せるようになるんだよ。
ということを知識として知ってもらいたいと思います。
 
私も、会社とかでいくつか、やらなければならない仕事があったときに、
やりたくない仕事はつい後回しにしてしまい、それがどんどん嫌になって
しまうことが過去にありました。
 
しかし、今では、あ~あの仕事気が進まないなと思うときには、まず5分だけでも
手をつけてみます。5分だけ資料を読んでみるとか、進め方について
同僚に相談してみるなど、そうしてみると、あれ、意外といけるんじゃないか?
と思えてきます。
 
そうしたら、しめたものでどんどんやる気が出てきます。あれをこうして、ああして
と段取りが浮かんできて、どんどん作業を進めることができています。
 
他の例について、
 
私は、今ネットビジネスに取り組んでいますが、ブログを書いたり、モノが売れるための仕組み
を勉強しているわけですけど、やっぱりやる気がでないときもあるわけですね。
なんか乗り気がしない。疲れた。みたいな
 
そんなときには、私は音声をきいて勉強しています。
 
音声を聞くだけであれば、別に手を動かさなくてもいいですし、聞いた内容を頭で、
考えてなるほどなるほど、と考えているわけです。
 
そんな中で、聞いている中で、この勉強したことを記事にしてみようとか
思うとしめたもので、やる気が出てきます。
 
要するにやる気は、何かしら情報があって、少し先の未来が見えて
なんかいけそうだなと思えれば、自然と湧いてきます。
 
逆にやる気がでないときは、一歩も前に進んでいなくて、停滞しているときです。
 
だから、「無理やり少しだけやってみる」です。
 
これって、例えば本読んで勉強したいなと思っている人は、
5分だけでも読んでみてください。
読み始めたら、面白くなって30分読んでしまったなんてことは
普通に起こりますから。
 
やる気を出したい人は、
「無理やり少しだけやってみる」 試してみてください。
 
 
 
 
Pocket