生産性が低い国「日本」。あなたの会社はどうですか?

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OECD(※1)加盟国35カ国のうち、生産性は以下のとおりです。
 
日本は   18位で一人あたりGDPは37,372ドル(約413万円)GDP世界3位
アメリカは、 5位で一人あたりGDPは56,077ドル(約620万円)GDP世界1位
ドイツは   8位で一人あたりGDPは47,221ドル(約522万円)GDP世界4位
ちなみにGDP2位は中国で、OECDには加盟していません。
GDPは1年間に生み出した価値ととらえてください。
 
この記事を書いたときの調査結果です。
 
※1 OECD(経済協力開発機構)はヨーロッパ諸国を中心に日・米を含め35ヶ国の先進国が加盟する国際機関です。 OECDは国際マクロ経済動向、貿易、開発援助といった分野に加え、最近では持続可能な開発、ガバナンスといった新たな分野についても加盟国間の分析・検討を行っています。
 
 
この数字を見て、あなたはどんなことを思いますか?
 
日本は、経済大国(世界3位)でありながら、一人あたりが生み出している価値は、先進国35カ国のうち18位です。
 
これは、日本は一生懸命はたらいていて、国としては世界3位を維持しているけど、一人ずつの給料(取り分)は少ないことを示しています。
 
 
上に書いたことは、大局的(マクロ)な視点でみたものです。全ての人に当てはまるわけではありませんが、けれど日本の多くの人に当てはまるのではないかと考えています。
 
 
何がいいたいかというと、そろそろ日本は労働を提供するのではなく、価値を提供することにシフトしなければならないと考えます。
 
つまり、会社で意味もなくダラダラと残業している人がいますよね?私はその人が悪いとは思いません。なぜなら、その人の生活があるから。その人はお金を稼がなければいけないわけです。だから残業している。
 
それは、会社の給与制度、仕組みがそうなっているので、その人がどうこうというわけではないです。そうしなければお金がもらえないから。
 
会社は、できれば人件費は安く抑えたいのが本音ですから、価値は提供してもらって、給料は安く払いたいわけです。でも、もうそういう考えはやめませんか。と思います。
 
価値を提供できたら、対価を支払う。じゃあ、価値提供できなければ対価支払わないのかということになってしまいますけど。ある一定の額は支払うことは合意していたほうがいいとは思います。
 
裁量労働制、年俸制とかですね。残業込みの額を支払うことを会社が保証する。そうすると、残業しなくても残業代がもらえるなら、仕事をはやく終えて帰ろうとしますよね。無駄がなくなります。自由な時間が増えて、その人もスキルアップや人生を充実させることができる。
 
健全な形だと思います。そこで、その人はよりパワーアップして、より会社に価値を提供できると思います。win-winの関係ですよね。
 
ただ、ここで会社側にやめてほしいのは、裁量労働制、年俸制だからといって、いくらでも働かせるというものです。給料は決まってるんだから、使い倒してやろうという考えですね。もうこういう考えやめましょうよということです。
 
持続可能性がない、会社が自分を大事にしていない、こんなの会社を嫌いになる。会社のために働いてほしいと思うなら、社員が会社のことが好きになるような仕組み、制度にしましょうよということです。
 
こういう、給料はできるだけ払わないみたいな考え、時間に対して給料を支払う制度になっている限り、日本の生産性は高まることはないと思います。
 
長くなってしまいましたが、言いたいことは価値を提供したら、相応の対価をもらえるようになるといいですよねということです。
 
 
現在、少子高齢化が深刻になり、働き方変革を日本全体でも取り組んでいますから、将来的には時間を提供するのではなく、価値を提供することに重点を置く会社が増えると思います。でもそれは時間がかかると考えます。
 
 
じゃあ、そんな中あなたは何をしたらいいか、私はネットビジネスをオススメします。ネットビジネスはまさに、価値を提供することに重点をおいたビジネスモデルです。
 
仕組みをつくるまでには、時間を提供することになると思います。しかし、いったん仕組みを完成させてしまえば、それは資産となり、価値を提供し続けて、あなたに利益をもたらしてくれます。
 
 
未来のビジネスモデルを学ぶためにも、今からネットビジネスにコツコツと取り組んでもらいたいと思います。
 
 
こちらの記事も読んでみてください。
 
 
 
 
Pocket

1 個のコメント

  • はじめまして、クミホと申します。

    日本の生産性の低さについてのお話、興味深く拝見しました。

    GDPを上げるため、週末の退社時間を早めたり、休みを増やしたりと
    お金を使う時間だけを与えられ働き方改革と言われても、一人ずつの
    取り分が少ないままでは、そんなに簡単に財布のひもはゆるめてたまるか
    というのが正直な思いです。

    ゆうぜんさんの言われる通り、待っていてもらちが明かないので、ネット
    ビジネスに日々勤しんで、1日でも早く自分の価値を利益に代える仕組みを
    構築できるよう頑張っていこうと改めて心に誓いました。

    経済に詳しくないので、間違っていたらすみません。
    感謝を伝えたく、コメントにお邪魔しました。

    勉強になりました。ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です