OATH 顧客の心理状態の段階

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今日はOATHの法則を学んだので
シェアしたいと思います。
?
読み方はオースです。
?
以下の英語の頭文字をとったもので
顧客の心理状態を四段階に分けて、
表しています。
?
O(Oblivious)
A(Apathetic)
T(Thinking)
H(Hurting)
?
読み方と意味はこんな感じです。
?
オブリビアス   無知
アパスィティック 無関心
シンキング    考えている
ハーティング   苦しんでいる
?
?
一つずつ例で見ていきます。
?
1、無知
?
体が太っているにも関わらず、自分は太っているとは、少しも思ってない状態です。
?
?
2、無関心
?
体が太っていることは、認識しているが、別にいいじゃないかと気にしていない状態です。
?
?
3、考えている
?
太っていることを認識している。さらにどうしたら、やせられるだろうか手段を探している状態です。
?
?
4、苦しんでいる
?
やせないと命に関わると医者に宣告されて、なんとしても痩せなければならないと、わらにもすがるような思いを持っている状態。
?
?
?
あなたが、ダイエットに効く素晴らしい方法をノウハウとして販売した場合には、どの心理状態の人に一番売れるでしょうか?
?
?
?
いうまでもありませんね。
?
?
本日はオースの法則。顧客の心理状態は四段階あることを紹介しました。
?
?
以上です。
ありがとうございました。
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンとして10年間を過ごし、自分の人生を生きていないことに気付く。さらに無知の知に気付き、学びが圧倒的に足りないことに気付く。自分の人生を取り戻すために、本を読みまくり、音声を聞きまくり、自分が知らないことを吸収する毎日を過ごす。得られた知識、学びを価値のある情報にして発信することを現在の活動としています。とんでもないところにいくために、小さな1歩を積み重ねる。死ぬまで勉強と実践。