年金支給年齢75歳、死ぬまで働く?

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
現在の年金支給年齢は65歳からです。
 
国会では将来的には年金支給年齢を75歳にしようという議論がされているようです。
 
年金支給年齢は当初は60歳でした。現在は65歳からです。
 
一つ前提知識として、国が掲げる年金の理念は、「必ず年金は払います。」というものです。国民が保険料を納めてもらうようにするためです。
 
将来絶対払うから、いま保険料払ってね。というわけです。
 
いま保険料を納めてもらう為には、将来絶対払うという約束をしないと、誰も納めませんよね。
 
だから、払う人よりももらう人の方が多くなれば、支給年齢を後ろにずらしたり、支給額を減らしたりするわけです。
 
財源がないのです。
 
日本は超高齢化社会に突入してますから、この状態がよくなることは今後ありません。今も年金の財源の多くは国債でまかなわれています。
 
このことからも、私たちの世代は、年金で悠々自適な生活はきっとできないだろうと私は思っています。
 
そんなとき、あなたはどうおもいますか?
 
国が許せない。自分は不運だと思いますか?
 
しかし、日本に住んでいる人はみんな同じ境遇になっています。
 
そんなことを思っている時間はもったいないです。
 
国にも会社にも頼らずに自分で稼ぐ手段を確立していった方がよいです。
 
早くサラリーマン以外で稼ぐ手段を身につけたほうがよいと思います。
 
私は、ネットビジネスをオススメします。
以下の記事も読んでみてください。
 
 
Pocket