人を使うのが上手な人のリーダー(上司)のワザ

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不安・苦手ゼロ! 人を使うのが上手な人のリーダー(上司)のワザ 単行本(ソフトカバー) ? 2015/5/14
黒川 勇二 (著)

を読んで、気になった点を残しておきます。

 

何をどのようにするか、仕事内容のすりあわせ
が重要である。

以下の4つについて、共有することで、
部下が仕事の位置付けを把握し、自分で
仕事を進める上で判断基準となる。

 

①仕事のゴール

②仕事の全体像

③仕事の影響

④仕事のメリット、貢献度

 

 

リーダーとして、指示出しが苦手な人

 

一日一回何か簡単な指示出しをする。
毎日繰り返すことで、いざ何か大きい仕事を
任せるときに指示を出しやすくなる。

 

 

指示を出す際の注意点。

リーダーの指示は小出しにすると部下は疲弊する。

1つの案件の指示は1回ですむように
リーダーは配慮する。

 

 

リーダーになったら、
思い切って任せる。自分でやらない。

 

指示をだした後、トレースする。
トレースはなぞること。

 

指示を出した上で、部下の理解度
仕事の進め方は大丈夫かを確かめるために行う。

 

指示を出した後、どう進めるか
部下の考えを聞く。

進め方に不安が残れば、そこで
さらにフォローをする。

 

トレースは、部下にさせること。
リーダーがトレースしても意味はない。
仕事を進めるのは部下なので、
部下の考えをしっかり聞く事。

 

 

本日は以上です。
ありがとうございました。

 

————————————
?
?
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンとして10年間を過ごし、自分の人生を生きていないことに気付く。さらに無知の知に気付き、学びが圧倒的に足りないことに気付く。自分の人生を取り戻すために、本を読みまくり、音声を聞きまくり、自分が知らないことを吸収する毎日を過ごす。得られた知識、学びを価値のある情報にして発信することを現在の活動としています。とんでもないところにいくために、小さな1歩を積み重ねる。死ぬまで勉強と実践。