「仕事が速い」から早く帰れるのではない。「早く帰る」から仕事が速くなるのだ。 千田 琢哉 (著)

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事が速い」から早く帰れるのではない。「早く帰る」から仕事が速くなるのだ。
千田 琢哉 (著)

という本を読みました。

気になった部分だけ、抜粋して書いていきます。

いい仕事をするには、どんな準備をすればいいのか。
どんなこころ構えでいればいいのか。

 

①背筋を伸ばす。

 椅子の高さをさげること。
 背骨と頭蓋骨を一直線に。

 

②食事はいつも腹八分目。

 ゆっくり食べることで、満腹感をえる。
 満腹状態は内蔵に負担をかけ、眠くなる。

 

③来るものは拒んでも良い。

 来るもののなかには毒もまざっている。
 その毒で自分も共倒れになる。

 

④酸素を取り入れる。

 脳をフル回転させるためには、酸素が必要。

 

⑤ストレッチ、筋トレを習慣化できる。

 身体が柔軟な人は柔軟な発想ができる。
 筋トレで健康な身体をつくり精神的にも健康になる。

 

短いですが、以上です。
ありがとうございました。

 

————————————
?
?
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンとして10年間を過ごし、自分の人生を生きていないことに気付く。さらに無知の知に気付き、学びが圧倒的に足りないことに気付く。自分の人生を取り戻すために、本を読みまくり、音声を聞きまくり、自分が知らないことを吸収する毎日を過ごす。得られた知識、学びを価値のある情報にして発信することを現在の活動としています。とんでもないところにいくために、小さな1歩を積み重ねる。死ぬまで勉強と実践。