第5世代移動通信システムについて、世の中が変わることのまとめ

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第5世代次世代通信システム(略して:5G)と言われる無線通信システムについて、近い将来に実現が予定されている。

移動通信システムとは、スマホやwifiなどが使用するデータを通信するためのシステムです。

現在我々が使用しているのは4Gで通信速度は100Mbpsです。100Mbpsというのは、1秒に100メガビット(約12.5メガバイト)のデータを通信できることを示しています。

それでは、5Gはどうかというと、10Gbps〜20Gbpsが目指されていて、これは1秒に10ギガビット〜20ギガビット(1.25ギガバイト〜2.5ギガバイト)のデータを通信できることになります。
今の100倍の通信データが扱えるようになります。さらにデータの遅延が今よりも改善されます。

これって、とんでもないことですよね。
今って、何か動画をダウンロードするときとかって、時間かかるじゃないですか。でもそれが、5Gになったら一瞬で終わります。そういう感覚です。

他にも私はLINEでテレビ電話をよく利用するのですけど、動画がとまったり、画像が粗かったりということはよくあります。でも5Gになったら、そんなことは絶対起こらないし、高画質、音声クリア、絶対止まらないというこよになります。

扱えるデータ量が爆発的に増えることで、今できていることが快適になるだけではなくて、今までできなかったこともできるようになります。

例えば、あるアーティストがライブをやった場合にそれを、超高画質の映像で同時に配信されて、それをVRゴーグル(映像を3次元でみれるゴーグル)で見ることで、まるで目の前に大好きなアーティストが歌って踊っているのを見ることもできるようになります。

その他には、重機の遠隔操作を操作する人の 動きとほとんど遅延がなく、操作できるという実験も行われいています。これは、災害現場などでガレキの撤去作業などを行う際に安全に作業ができることが期待されています。

他の例としては、手術の遠隔操作があります。これも、データの遅延がほぼないことから、操作する人の手の動きと遠隔操作されたロボットの動きが、ほぼ同時にできることができ手術を安全にできることが期待されています。
さらにこのすごいところが、かなり離れたところであっても手術ができることから、有名な医師に会いにいかずとも手術をしてもらえることになり、医療を平等に受けられるようになるのではないかと期待されています。

でも、医師の数は限られているので、そう簡単には行かないかもしれませんが、その後には人工知能を搭載したロボットが控えていると考えていて、そういった問題も徐々に解決していくのではないかと考えています。

人工知能の話についてはまた、別の記事で書いていきたいなと思っています。

また、これはそういう技術がまだ実用化していないと思うのですが、何もない空間に3Dの映像を映し出すことも、いずれできるようになると考えています。

例えば、家族と離れて入れも、まるでその場にいるかのように3Dの映像で見ることができるようになると考えています。

これを実現するためにも膨大なデータを扱うことになるので、この5Gが欠かせないものになってくるでしょう。

こういったことを知っていると、未来に起こることにワクワクしてきませんか?たしかに今のテクノロジーがこれ以上進化せずに、このまま進むとしたら絶望しかないと思います。でも、テクノロジーは進化し続けています。

未来にワクワクしながら、今できることを全力でやって、未来に備えていけるといいですね!

Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンとして10年間を過ごし、自分の人生を生きていないことに気付く。さらに無知の知に気付き、学びが圧倒的に足りないことに気付く。自分の人生を取り戻すために、本を読みまくり、音声を聞きまくり、自分が知らないことを吸収する毎日を過ごす。得られた知識、学びを価値のある情報にして発信することを現在の活動としています。とんでもないところにいくために、小さな1歩を積み重ねる。死ぬまで勉強と実践。