1億稼ぐ人の「超」メモ術という本を読みましたので、要点を書いていきます。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1億稼ぐ人の「超」メモ術
市村 洋文 (著)

 

今日は、こちらの本を読みましたので、
要点だけメモに残しておきます。

 

メモをとることで、とんでもないところまで
いけることが書かれていました。

 

メモは何にとるか?

ブロックメモです。

ブロックメモって、正方形で、無地で
400枚ぐらいになっている。
ぺりぺりっとはがせるメモです。

 

これは、もういつでも何かアイデアが浮かんだら、
すぐにメモをとる。

ベッドの近くにおいてもいいし、
机の上、どこでもメモがとれる
環境にしていることが重要。

 

なんで、すぐにメモをとらなければならないかというと、
「エビングハウスの忘却曲線」という法則があるのですが、
以下の数字で人は忘れてしまうということです。

20分後   42%
1時間後   56%
1日後    74%

 

だから、いいアイデアとか、考えとか、なんでもいいんですが、
なんかこれは、メモったほうがいいことはメモしたほうが
いいです。

 

あとから、使えるとかそんなことは気にせず、
まずは残す。

 

メモの書き方としては、
1枚に、日付と1情報を書く。
3行ぐらいで。

 

2つの情報は書かない。
それはなぜか?余白を残しておくことで、
後から見返した時に、そこに気づいたこと
などを追記できるから。

 

次に大事なのが、メモを書きっぱなしにしない。

 

書いたものは、ノート等に
清書しておく。

 

仕事をする上で、残したほうがいいメモといて。
①気づきをキャッチするもの。
②TODOを書くもの。
③連絡、指示を書くもの。

 

他に書かれていたものとして、アイデアはどうやって
得られるかというと、考えA+考えBがあわさったときに
アイデアが得られることがある。

 

で、その考えを得るにはどうしたらいいか?
これは知識を得るために本を読むなど。
の行動をするしかないです。

 

著者は、1周間に15冊~20冊の本を乱読すると
言ってました。
乱読がポイントで、これだという箇所について、
アウトプットできるレベルまで、インプットするという
感じですね。

 

私も、この本を本屋で立ち読みして、
このブログにアウトプットすることを目的に読みました。

 

最近、私はアウトプットするためのインプットを
インプットするためのアウトプットをすることを
意識していて、

例えば、本を読んで、その内容を話せるかどうか
自分で試すんですよ。

話せなかった場合は、本当に残酷なんですが、
頭に入っていないってことなんですよね。

アウトプットできなかったら、本当に無意味ぐらいの
勢いでインプットしています。

 

なにやってんだと。一言でもいいから、
そこから話せることはないのかと。

 

さらに、話せるだけだと、次の日には忘れるので、
ブログなり、エバーノートっていうメモツールには
残すようにしています。

 

このように、最近私は、エバーノートやブログでアウトプット
するようにしていたんですが、もっと徹底して、
アイデアを拾っていくという行動が必要だという
意識が持てた本だと思います。

 

早速ブロックメモを買いました。

どんなアイデアも逃さずキャッチして、
とんでもないところを目指したいと思います。

 

本日は以上です。
ありがとうございました。

 

————————————
?
?

 

Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンとして10年間を過ごし、自分の人生を生きていないことに気付く。さらに無知の知に気付き、学びが圧倒的に足りないことに気付く。自分の人生を取り戻すために、本を読みまくり、音声を聞きまくり、自分が知らないことを吸収する毎日を過ごす。得られた知識、学びを価値のある情報にして発信することを現在の活動としています。とんでもないところにいくために、小さな1歩を積み重ねる。死ぬまで勉強と実践。