コロナショック(株価)についてのまとめ

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今も新型コロナの感染はおさまっていません。みなさんも体に気をつけてください。

コロナの感染が拡大するにつれて、株価は大幅に下落しました。

当時の感情としては、保有株価の含み損か過去最高になり、非常に精神的にくるもののがありました。株なんかやらなきゃ良かった。本当にいつも頭に株のことがあり、非常に辛かったです。

このコロナショックの教訓を残しておこうと思います。

20200221 ~20210319

の間で約23500→16500 まで下落。

約7000円(30%)の下落でした。

私も逆にチャンスだと思い、どこで買おうか迷っていました。騰落レシオが70(売られすぎ)を切ったあたりである銘柄を買いましたが、そこからも下落しました。

本当に精神的に辛かったです。

騰落レシオも40代まで下がり、経験したことのない数値でした。リーマンのときはそうだったのかもしれませんが。

幸い株価も戻りましたが。本当にどこまで落ちるんだろうと思いました。どこまでも落ちるのではないかと思いました。

日本が120兆円

アメリカが300兆円 ぐらいを発行して、それが株式市場に流れて、株価が戻りました。

次回の教訓としては、

株価は30%下落ありうる

騰落レシオ40代ありうる

株価もすぐに戻る可能性ありうる。市場に金が流れれば。

とはいえ、絶対はないので、心構えとして覚えておきたい。

 

 

 

Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

サラリーマンとして10年間を過ごし、自分の人生を生きていないことに気付く。さらに無知の知に気付き、学びが圧倒的に足りないことに気付く。自分の人生を取り戻すために、本を読みまくり、音声を聞きまくり、自分が知らないことを吸収する毎日を過ごす。得られた知識、学びを価値のある情報にして発信することを現在の活動としています。とんでもないところにいくために、小さな1歩を積み重ねる。死ぬまで勉強と実践。